search
JOURNAL

メンズ向けドライヤーの選び方と楽なスタイリング方法ITEM

お風呂上りやヘアセットに活躍するドライヤー。
女性が使うイメージがあるかもしれませんが、実は男性にも使いやすいドライヤーがあるんです。
今回は、メンズ向けのドライヤーの選び方やスタイリングの方法を紹介します。

1.メンズ用ドライヤーを選ぶ基本

お風呂上りに髪を乾かす場合や、外出前のヘアセットに使うなどドライヤーは髪の長さや性別に関係なく必要なアイテム。
ドライヤー自体はほとんどの場合、メンズ専用やレディース専用というカテゴリーでは分けられていませんが、男性がドライヤーを選ぶときのポイントを3つ紹介します。

①ミディアム以上の男性は風量をチェック

髪の長さがミディアム以上ある方はまず、風量をチェックしましょう。
乾く早さは風量の影響が大きいため、目安として1.5/分以上の風量を選ぶことをおすすめします。
最近では、2.0/分以上の大風量モデルも販売されているため、ヘアドライが面倒という方は検討してみるといいでしょう。

②ドライヤーの温風温度をチェック

一般的なドライヤーの温風温度は、約60℃~120℃と幅があります。
ドライヤーは、電力を“熱”か“風”のどちらかに変換するため、風量が上がると温度が下がるといった関係にあるからです。
温風温度が低いと、髪が乾きにくくなるため、85℃以上を目安に選ぶといいでしょう。
ドライヤーを選ぶうえでは、風量と温風温度のバランスが重要なポイントになります。

③ヘアセット、ヘアケア機能もチェック

選ぶドライヤーによってヘアセットの仕上がりも変わってきます。
風量や温度の調節ができるものを選ぶとヘアセットがやりやすくなります。
ヘアセットの最後に冷風を当てるとスタイリングが長持ちするので、冷風モードが付いているものを選ぶといいでしょう。
ヘアケアにこだわる場合は、マイナスイオンなどの付加機能がついているタイプがおすすめです。

2.ヘアセットに欠かせない3つの機能

男性がヘアセットでドライヤーを使用する場合、どのような機能があるとよいかご紹介します。

①スタイリングが簡単になる風量調整機能

ヘアドライの際は、強い風量のほうが効率的ですが、ヘアセットの際は細かく風量が調節できたほうがやりやすいでしょう。
SETモードなど風量を抑えた設定があるドライヤーがおすすめです。
髪型や風を当てる位置に合わせて風量を調整することで、思い通りのヘアスタイルを作りやすくなります。
ドライヤーを使って大まかにスタイリングしておけば、ヘアアイロンや整髪剤を使ってのスタイリングも簡単に仕上げられるでしょう。

②冷風モードは必須機能

冷風モードを使っていない方は多いかもしれませんが、ヘアセットの際、冷風は非常に重要です。
髪の毛は温めると柔らかくなり、冷やすと固まるという性質があるため、この性質を利用してスタイリングしていくのがポイントです。

③セット用フード付きを選ぼう

ヘアセット用のフードを利用すると、風の出る範囲が狭くなり、必要なところに風を送りやすくなるため、ヘアスタイリングがやり易くなります。
ヘアスタイリングにこだわりのある方は、セットフード付きのドライヤーを選ぶようにしましょう。

3.男性必見!ドライヤーを使ったヘアスタイリング方法

ドライヤーで髪の毛を乾かした後に、ワックスやジェルでスタイリングする人も多いでしょう。
しっかりとドライヤーでベースを作っておくとスタイリングが楽になります。

①根元から一気に8割くらい乾かす

強く髪を擦り過ぎないようにタオルドライした後、風量を最大にした温風(強温風)を使い、根元からまんべんなく髪へ風を当てて乾かしていきます。
毛先から風を当てても全体が乾きづらく、毛先の乾かしすぎにも繋がるため、必ず根元から乾かすことをポイントに8割程度乾かしましょう。

②風量を落としクセを作っていく

8割ほど乾いたら、温風のまま風量を落とし、髪の毛の流れやボリュームを付けたい場所、おさえたい場所などにクセをつけていくといいでしょう。
このときは、乾かすというより、クセをつけるというイメージで仕上げるのがコツです。

③冷風を使ってスタイリングをキープ

温風でつけたクセをキープするためには、冷風に切り替えるのがポイント。
髪が冷えて固まる性質を利用して、ヘアスタイルを固定していきます。最後に冷風で仕上げると、ヘアスタイルも長持ちします。

4.まとめ

今回は、メンズ向けドライヤーの選び方と、楽なスタイリング方法を紹介しました。
ドライヤーを選ぶ場合は、ヘアドライの性能とスタイリングのしやすさをそれぞれチェックするのがおすすめ。
ヘアドライには、風量や温度をチェックしましょう。スタイリングを重視する際は、風量調整機能や冷風モードも必須です。
ぜひ今回の記事を参考に、ドライヤー選びをしてみましょう。

5.メンズ人気ヘアドライヤー3選

ここでは、ヘアサロンシェアNo.11「テスコム」の中から、メンズにおすすめの人気ドライヤーを紹介します。

①プロフェッショナル プロテクトイオン ヘアードライヤー NIB3001

NIB3001の詳細を見る

プロは、熱を一点に集中させないためにドライヤーを左右に振って乾かしますが、NIB3001ではこのテクニックを再現する「ケアドライフード」を採用。
誰でもムラなくドライしてプロのような仕上がりに。

業務用で使用されるファンとモーターを採用し、大風速でプロ仕様の速乾力を実現!根元から持ち上げて地肌からしっかり乾かすことができるため、サロン帰りのように仕上がります。「セットフード」も付属しているのでヘアセットにも安心です。

また、温風と冷風を一定間隔で自動切り替えする「AUTOモード」機能を搭載。髪の表面を適温に保つことで、ダメージの一因となる“熱変性”を抑制します。
ヘアケア機能として「プロテクトイオン」を放出。髪の広がりの一因となる静電気を低減。 髪の艶もアップします。

②プロフェッショナル プロテクトイオン ヘアードライヤー NIB2600

NIB2600の詳細を見る

美容室で使用されているNobbyの軽量モデルをベースに開発されたのがNIB2600。風速はプロ仕様のまま、使いやすさを重視して202の軽量化を実現しています。

ヘアケア機能として「プロテクトイオン」を放出。髪の広がりの一因となる静電気を低減。髪の艶もアップします。

NIB3001と同様に、ムラなく温風を当てることができる「ケアドライフード」を採用し、熱ダメージも軽減。
「即冷スイッチ・ 風量切替スイッチ」も搭載しています。

③プロテクトイオン ヘアードライヤー TID3500

TID3500の詳細を見る

大風量・大風圧・ハイパワーの速乾ドライヤーです。風量は、業界最大級の2.5/分、風圧は従来の機種から138%にアップ3
ハイパワー1400Wで、大風量でも風が温かく、ヘアドライも快適です。

一般的に大風量ドライヤーは乾燥や熱摩擦による静電気の発生が懸念されますが、TID3500 はテスコム独自の「プロテクトイオン」の働きで静電気を低減。
髪の艶めきがアップします。

温風と冷風を一定の間隔で自動切り替えする「AUTOモード」で髪の熱変性を抑制。
さらに、「風量無段階スイッチ」で風の操作は自由自在です。ドライにヘアセットなど、使用するシーンに合わせて最適な風量を選ぶことができます。

※1:2020年8月 株式会社セイファート調べ
※2:当社測定法による、NIB2000との比較
※3:当社測定法による、TID2700との比較。

Back to all posts