search
JOURNAL

ドライヤーで髪は傷まない?自然乾燥の怖いデメリットITEM

「ドライヤーを使うと髪が傷む」と思っている人もいるのではないでしょうか?
実は髪が傷まないようにするには、ドライヤーの使い方がポイントです。
髪を傷めないための注意点と、自然乾燥のデメリットをご紹介します。

1.髪の毛を傷めないためにはドライヤーは必須


洗髪後、濡れた髪の毛はすぐに乾かしていますか?
髪の毛は、濡れている状態が一番デリケート。
健やかな髪を保つには、濡れた髪をそのまま放置せず、ドライヤーできちんと乾かす必要があります。

ドライヤーは、頭皮や髪の毛を清潔に保つためのヘアケアアイテムでもあるのです。
濡れた状態の髪は痛みやすく、痛むと内部の成分流出が進む性質があります。このようなダメージから髪を守るためには、自然乾燥で済ませるのではなく、ドライヤーで素早く乾かす必要があるのです。

2.髪や頭皮を傷めないために注意したい2つのポイント


それでは、ドライヤーを使用するときに髪や頭皮を傷めないためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?注意するべきNG行動を2つご紹介しましょう。


ポイント①.一か所を温め過ぎる


ドライヤーをかけるときは、一か所を集中して温め過ぎないよう注意しましょう。濡れた髪を乾かす時は、水の蒸発に熱を使うため、それ程温度が上がらず、必要以上に怖がる必要はないのですが、乾いた髪に温風を当てる時は、髪の温度が上がりやすいため注意が必要です。熱いと感じるほどドライヤーを一か所に当ててしまうと、高温により熱変性が生じ、髪や頭皮を傷めてしまうことに。

また、ドライヤーは近づけ過ぎると温度が高くなるため、吹出口を髪から10~15cmを目安に離して使うようにするとよいでしょう。

ポイント②.根元からではなく毛先ばかりを乾かす


毛先ばかりを狙って乾かす人もいるでしょう。実はこの乾かし方も、髪のためにはあまりよくありません。

髪は根元がもっとも乾きにくく、逆に毛先がいちばん乾きやすくなっています。そのため毛先ばかりにドライヤーの温風を当てるような乾かし方だと、根元がきちんと乾かないばかりか、毛先を必要以上に乾かしてしまい髪の傷みに繋がるのです。

根元をきちんと乾かし、かつ毛先の痛みを防ぐためにも、髪の毛は必ず根元から毛先に向かって順番に乾かしていきましょう。

3.自然乾燥によるデメリット


濡れた髪を自然乾燥させると、髪の毛が傷みやすくなるだけではありません。自然乾燥によるデメリットの代表的なものをいくつか見てみましょう。

頭皮の臭い・フケ
頭皮にはカビ菌を含む様々な常在菌がおり、普段は、これらの菌の力で頭皮環境が保たれています。しかし、濡れた髪や頭皮を自然乾燥させることで高温多湿な状態が続くと、これらの菌が繁殖し、頭皮の臭いの原因になるので注意が必要です。

また、雑菌によるトラブルは、臭いだけではありません。頭皮環境が悪化することで、フケやかゆみ、抜け毛、様々な頭皮トラブルを引き起こす可能性に繋がりかねません。

4.まとめ


髪を傷みから守るには、自然乾燥を避け、ドライヤーを正しく使って手早く髪を乾かすことが大切です。

また、髪をきちんと乾かすことは、頭皮トラブルを防ぐことにも繋がります。ぜひドライヤーを正しく使った髪の乾かし方をマスターし、実践してみてください。


5.テスコムおすすめドライヤー3選


ここでは、ヘアサロンシェアNo.1※1「テスコム」の中から、手早く乾かすのにおすすめの人気ドライヤーを紹介します。

 

プロフェッショナル プロテクトイオン ヘアードライヤー NIB3001

NIB3001の詳細を見る


プロフェッショナル プロテクトイオン ヘアードライヤー NIB3001は、業界トップクラス※2の風速による速乾力が魅力です。
プラスとマイナスのイオンを同時に放出する「プロテクトイオン」の力で、髪の広がりの一因となる静電気を低減。髪の艶もアップします。

 

2018年にはグッドデザイン賞も受賞した実力派のドライヤーです。

 

 


※1.2020年8月 株式会社セイファート調べ
※2.当社測定法によるNIB2000との比較

プロフェッショナル プロテクトイオン ヘアードライヤー NIB2600

NIB2600の詳細を見る

同じくプロフェッショナル プロテクトイオン ヘアードライヤー NIB2600も、プラスとマイナスのイオンを同時に放出する「プロテクトイオン」を搭載。
美容室で使用されているNobbyの軽量モデルをベースに開発されました。
本体は540gと軽量でありながら、サロン並みの風速が叶うのが特長です。そのため、「プロ仕様のドライヤーでしっかり乾かしたいけれど、重いのは苦手」という人に特におすすめのドライヤーと言えます。

 

 

プロテクトイオン ヘアードライヤー TID3500

 

TID3500の詳細を見る

プロテクトイオン ヘアードライヤー TID3500は、速乾力を重視したドライヤーです。大風量・大風圧・ハイパワーの3拍子を兼ね備え、素早く髪を乾かせるので、忙しい朝など手早く髪を乾かしたいときに重宝します。
もちろん前述した2機種同様、テスコム独自の「プロテクトイオン」の働きで髪の広がりの一因となる静電気を低減。髪の艶めきがアップします。
温風と冷風を一定の間隔で自動切り替えする「AUTOモード」で髪の熱変性を抑制。
さらに、「風量無段階スイッチ」で風の操作は自由自在なので、ドライにヘアセットなど、使用するシーンに合わせて最適な風量を選ぶことができます。

 

Back to all posts