search
JOURNAL

2wayヘアアイロンとは?選び方やメリット・デメリットを紹介ITEM

1.2wayヘアアイロンは1本でカール・ストレートが叶うアイテム

まずは、2wayヘアアイロンとはどんなアイテムなのかチェックしていきましょう。

カールとストレートの両方が1本でできる

2wayヘアアイロンとは、髪を巻くことも、ストレートにすることもできるヘアアイロンを指します。色々なヘアスタイルを楽しみたい方はもちろん、ヘアアイロンを一個にまとめられるため、収納スペースに限りがある方にもおすすめです。

2wayヘアアイロンといっても、近年、形状や機能は多様化していますが、主にカールタイプとストレートタイプの2つに分けられます。


カールタイプとは?

カールタイプは、一般的なカールアイロンのパイプ部分が2股になり、ストレートアイロンとしても使える構造になっています。日頃からカールスタイルが多い方におすすめのタイプです。


ストレートタイプとは?

一方、ストレートタイプはプレート外側のボディをラウンド形状にし、カールができるようになっているものや、カールアタッチメントなどが付いている構造のものを指します。ストレートアイロンのように、本体の内側に設置されたプレートだけが熱くなるのも特徴です。

ストレートスタイルをつくるのに向いており、慣れていないとカールのスタイリングは難しいですが、外側が熱くならない分、ヤケドの心配なく短い前髪なども安心してスタイリングできます。

日々、自分がカールかストレート、どちらをメインでスタイリングしているかでタイプを選んでみてください。

2.2wayヘアアイロンのメリットとデメリット

2wayヘアアイロンは利便性の高いアイテムですが、もちろん良い面ばかりではありません。購入前にメリット・デメリットを確認しておきましょう。

2wayヘアアイロンのメリット

2wayヘアアイロンのメリットは、1本でストレートからカールと、アイロンやコテを持ち変えずに髪型をつくれることです。
また、1本で2つの働きをしてくれるため、ストレートアイロンとカールアイロンの2つをそろえる必要がなく、収納場所にも困りません。

2wayヘアアイロンのデメリット

2wayヘアアイロンは、通常のコテやアイロンよりも重く、少し使い勝手が悪くなってしまいます。価格も高くなる傾向がありますが、1台で2役をこなすというメリットを考えると、コスパに優れているともいえるでしょう。
2wayヘアアイロンのデメリットも把握しつつ、予算やなりたい仕上がりに合わせてお好みのアイテムを選ぶのがおすすめです。

3.いざ購入!2wayヘアアイロンを選ぶときのポイントは?

2wayヘアアイロンを購入するとき、失敗しないためにもどんなポイントに気を付けて選べばいいのかご紹介します。

カール?ストレート?メイン使いで選ぶ

日々、自分がカールかストレート、どちらをメインでスタイリングしているかでタイプを選ぶとあまり失敗しません。
自分がいつもどんなヘアスタイルにしているかを思い浮かべながら、アイテムを選びましょう。

レングスやなりたい仕上がりで太さを選ぶ

カールタイプのものはコテと同様、レングスや仕上げたいスタイリングでパイプの太さを選ぶ必要があります。
基本的に太さは263238mmがあり、26mmはショートやボブ、32mmはミディアム~ロングヘア、38mmはロングヘアの方に向いています。

コーティングで選ぶ

アイロンのプレート部分にはコーティング剤が施されていますが、その種類で選ぶのもひとつの方法です。
例えば、チタンは髪を捉えやすくキャッチ力に優れた耐久性の高いコーティングで、カールしやすい特徴があります。セラミックは熱伝導率がよく熱をムラなく伝えることに長けています。なかには、髪を保湿してくれるオイルコーティングされた2wayヘアアイロンなどもあり、メーカーやアイテムによって異なるため、それぞれの特徴を確認して選びましょう。

4.2wayヘアアイロンの基本的な使い方

ここでは、2wayヘアアイロンのカールタイプとストレートタイプ、それぞれの基本的な使い方について解説します。


カールタイプの使い方

カールタイプは通常のカールアイロンと同様に、カールしたい部分の髪をパイプ部分にはさんで巻いて使います。
ストレートにする際は、スイッチでストレートに切り替えて内側のプレート面を髪に当て、髪を伸ばすようにして使います。ただし、外側も熱くなっているので、火傷には十分注意が必要です。
寝グセやうねりが気になる場合には、まずはストレート機能を使って髪を整えてからカールをつくると、よりキレイな仕上がりが目指せます。

ストレートタイプの使い方

ストレートタイプを使うときも、ストレートアイロンと同様に、髪をプレートにはさんで真っすぐに伸ばしていきます。
プレート外側のボディをラウンド形状にし、カールができるようになっているものや、カールアタッチメントなどが付いている構造のものを指します。
ラウンド形状のストレートアイロンでカールする際は、毛先の少し上で半回転(180°)させ、そのままゆっくりすべらせて使います。
この時、アイロンを回し過ぎると、髪を傷める原因となるので注意が必要です。

5.まとめ

2wayヘアアイロンは、1本でストレートアイロンとカールアイロンの2つの役割を果たしてくれる便利なアイテムです。普通のヘアアイロンよりも高額になりがちですが、1台で2役使えるのでコスパに優れ、いちいち持ち替える手間もありません。
種類はストレートタイプかカールタイプの2種類あります。普段自分がメインとしているスタイリングに基づいてどちらか選びましょう。カールタイプを選ぶ場合はコテと同様、自分の髪の長さや仕上げたい髪型に基づいて太さを選ぶ必要があります。初心者なら32mmがおすすめです。
まだ納得いく2wayヘアアイロンに出会えていない方は、この記事を参考に選んでみてはいかがでしょうか。

6.テスコムからおすすめの2wayヘアアイロンをご紹介

1本でストレートとカールが楽しめる、テスコムのなかでも人気がある2wayヘアアイロンをピックアップしてみました。

マイナスイオン2WAY スチームヘアーアイロンIPW1826 / IPW1832

「マイナスイオン2WAY スチームヘアーアイロンIPW1826(26mm) / IPW1832(32mm)」は26mm径と32mm径の2種類の太さがあるカールタイプのアイテムです。
スチームにより、熱を効率良く伝えるため、きれいな仕上がりに。また、いつもより低めの温度でスタイリングできるため、髪ダメージを低減できます。
プレートには、アルガンオイルを配合したコーティングがなされており、髪の摩擦ダメージに配慮したつくりです。
立ち上がりまでの時間はおよそ25秒※1と、すぐにスタイリングを開始できるのも嬉しいポイントです。
※1 100℃到達時間(最高温度190℃設定時/ストレートアイロン使用)

「マイナスイオン2WAY スチームヘアーアイロンIPW1826(26mm) / IPW1832(32mm)」の詳細を見る


マイナスイオン2WAY ブラシヘアーアイロン TPW2826 / TPW2832

「マイナスイオン 2WAYスチーム ヘアーアイロンTPW2826(26mm) / TPW2832(32mm)」も前述したIPW1826(26mm) / IPW1832(32mm)と同様、26mm径と32mm径の2種類の太さがあるカールタイプのアイテムです。
スチームにより、熱を効率良く伝えるため、きれいな仕上がりに。また、いつもより低めの温度でスタイリングできるため、髪ダメージを低減できます。
プレートは、髪を捉えやすく、キャッチ力に優れた耐久性の高いミラーコーティングを採用しており、スタイリングをつくりやすくなっています。


落ち着きのあるゴールドは、幅広い年齢の方におすすめです。

「マイナスイオン 2WAYスチーム ヘアーアイロンTPW2826(26mm) / TPW2832(32mm)」の詳細を見る


マイナスイオンヘアーアイロン THS100

「マイナスイオンヘアーアイロン THS100」は、プレート外側のボディがラウンド形状になっているストレートタイプの2wayヘアアイロンです。
最高温度200℃でうねりをしっかりのばすことが可能。
アイロンプレート部分はセラミックコーティングが施されており、髪との摩擦が少なく、滑りがなめらか。髪をいたわりながらスタイリングできます。 また、セラミック配合により遠赤外線が熱をムラなく伝えます。
立ち上がりまでの時間はおよそ30秒※2と、すばやく立ち上がるから、忙しい朝でもすぐ使えて便利なアイテムです。
2 100℃到達時間(最高温度200℃設定時)

「マイナスイオンヘアーアイロン THS100」の詳細を見る

Back to all posts