search
JOURNAL

【ミキサー選び方ガイド】押さえたいポイントと人気商品を解説ITEM

【ミキサー選び方ガイド】押さえたいポイントと人気商品を解説

スピーディーに美味しく栄養価の高いスムージーを作れるミキサー。
数多くの商品が販売されているミキサーの中から、自分にピッタリなアイテムを選ぶのは難しいものです。
家電を買うのは、安い買い物ではない分、仕上がりや使いやすさ、機能性など、満足度の高い商品を手に入れたいですよね。
そこで今回は、ミキサーを選ぶときのポイントや注意点、おすすめ商品をご紹介します。

目次

1.ミキサーの選び方のポイントはココ!

では早速、ミキサーの選び方のポイントをチェックしていきましょう。
どんなシーンでミキサーを活用したいかを今一度整理して、自分にとって最適なアイテムを選んでみてください。

容量の確認は必須項目

まず確認したいのはミキサーの容量です。
コップ1杯が200mlですので、1人用なら200ml、2人用なら400ml、4人用なら800ml程あると便利でしょう。
あえて1000ml前後の大容量タイプを選んで、料理の下ごしらえや作り置きなどに活用するのもひとつの手ですが、
大きすぎると置き場に困ってしまうので、使う人数と用途、保管場所を考慮して選ぶことがポイントです。

ボトルや刃の素材もしっかり確認しよう

ボトルや刃の素材もしっかり確認しよう

ミキサーボトルには、ガラス製、プラスチック製、トライタン製の大きく3種類があり、素材によって使用感やお手入れのしやすさが異なります
ミキサーの特徴を左右する部分のひとつなので、必ず確認しましょう。
ガラス製のミキサーボトルは重い分、丈夫で傷つきにくく、食材のにおい移りもあまり気になりません。
反対に軽く扱いやすいのがプラスチック製ですが、傷がつきやすいため雑菌が繁殖したりにおいが残ったりする可能性があり、入念なお手入れが必要です。
新しい樹脂素材であるトライタン製は、軽さ、耐久性ともに優れた素材ですが、その分お値段がはってしまいます。
また、刃の素材はにおい移りしにくいステンレス製のものがほとんどですが、中でもチタンコーティングされた刃は耐久性に優れているためおすすめです。

どんな食材に対応しているかも確認

どんな食材に対応しているかも確認

ミキサーによって対応している食材が違います。
氷などの硬い食材を入れてはいけない商品や、ミキサーボトルが耐熱性ではなく熱い食材が入れられないなど、非対応な食材はさまざまです。
また、粘度が高い食材を入れてはいけないものもあるため、どんな料理に活用するか明確にしておくとミキサー選びの失敗を少なくできるでしょう。

付属品の有無もチェックポイント

付属品の有無もチェックポイント

レシピの幅を広げたい場合やより便利さを求める際には、付属品にも注目してみてください。
例えば、ふりかけを作る時やコーヒー豆を挽く際などに便利なミルがセットになったもの、保存専用の蓋が付属されているものなどがあります。
「お弁当をよく作るのでふりかけが常備品」「コーヒーは毎日飲む」といったように、ライフスタイルに合った付属品がミキサーにセットになっていると便利です。

デザイン性で選ぶのもあり

これまで色々な視点からミキサーの選び方をご紹介しましたが、見るべきポイントが多すぎて悩んでしまう…という方は自分が好きなデザインで選んでしまうというのもひとつの方法です。
ぱっと見て気に入ったミキサーを選ぶのはもちろん、手もちの調理器具や調理家電のデザインとマッチする商品を選ぶとキッチンに統一感が出るのでおすすめです。
おしゃれなミキサーを使って料理をすれば、楽しさがアップします。

2.ミキサーを選ぶ際に注意したいことは?

ボトルや刃の素材もしっかり確認しよう

ミキサーを選ぶ際には、安全性能とワット数を見落とさないように注意しましょう。
ミキサーは高速で刃が回転するため、取り扱いに気を付けないとけがをしてしまう恐れがあります。
特に小さなお子さんがいるご家庭では、誤作動を防止する機能やロック機能があると安心です。
また、ワット数の大きいパワフルなミキサーを選ぶと使用時にブレーカーが落ちてしまうことがあるので、ご家庭の電力容量に合わせて選ぶようにしましょう。

3.おすすめの人気ミキサー3選

最後に、テスコムがおすすめする人気ミキサーを3つご紹介します。

ミキサー TM8200

ミキサー TM8200

「ミキサー TM8200」は、シルバーのスタイリッシュなデザインが目を引く人気のミキサーです。
操作スイッチはダイヤル式でシンプル、使いやすさにも長けています。
センターキャップがついているので、調理中にいちいち蓋を取らなくても材料を追加でき、時短に繋がります。
ガラス製のミキサーボトルは清潔でお手入れも楽ちん。
1000mlと大容量なので子どもがいるご家庭や、作り置きをする方に最適です。
「ミキサー TM8200」
商品ページはこちら

ミキサー TM856

ミキサー TM856

「ミキサー TM856」は、切れ味が良い大型ブラックチタンカッターを搭載した、クラッシュアイスも作れるパワフルなミキサーです。
美容や健康に嬉しい滑らかなスムージーが作れます。
操作スイッチはボタン式でフラッシュスイッチも採用しており、スイッチを押している間だけカッターが回転するので、少しだけ混ぜたい時に便利です。
粗めの食感に仕上げたい際などは、短時間だけミキサーが回せるため、重宝するでしょう。
「ミキサー TM856」
商品ページはこちら

ミル&ミキサー TM8300

ミル&ミキサー TM8300

「ミル&ミキサー TM8300」は、先述したTM8200と同様、シルバーのスタイリッシュなデザインが目を引く人気のミキサーです。
操作スイッチはダイヤル式でシンプル、使いやすさにも長けています。
便利なミル付きで、マヨネーズや離乳食に使える茹でたほうれん草のペーストなど水分を含むもの(ウェットメニュー)から、ふりかけやだし用の粉末(ドライメニュー)など乾物の粉砕まで、手作りの安心&健康レシピに大活躍します。
「ミル&ミキサー TM8300」
商品ページはこちら

4.まとめ

ヘルシーで美容にもいいスムージーを作れるミキサーを選ぶときは、容量やミキサーボトルの素材、刃、付属品などをしっかりチェックすることが大切です。
どうしても迷った時はデザイン性で選ぶのもひとつでしょう。
しかし、どのミキサーを選ぶにしても、安全性能とワット数の確認は怠らないよう注意したいところです。
確認ポイントをしっかり押さえれば、自身のライフスタイルにピッタリなミキサーが見つかるでしょう。テスコム ミキサー商品一覧はこちら

Back to all posts