search

JOURNAL

キレイな髪と肌が自信になる、そんな商品を開発STORIES

これから皆さんに会社や商品をより理解して頂くために少しずつですが社員の紹介などを行っていきます。 第一弾は、ドライヤーの開発に携わっている社員をご紹介します。

【ドライヤーの開発には自分の毛髪も実験に使用する!?】

技術開発課の田口です。 私が所属する技術開発課は、数年先のキーとなる技術をつくり上げる部署です。日常生活の中で、一見開発とは関係のないようなことでも、深堀すると構造や考え方にヒントが隠されていることが多いので、常に目を光らせています。 またキレイに対する厳しい女性目線は、開発をする上でとても重要だと考えているので、自身が被験者となって商品の使用感や効果をチェックしています。 例えば、ドライヤー等のビューティ製品の検証で使用するカツラですが、普通のカツラの毛髪は化学処理をされていてキューティクルがありません。 そこで、より効果の差をみるために化学処理のされていない毛髪や、よりお客様の毛髪に近い自身の毛髪や、社員の毛髪を使用したりしています。  商品の良さをいかにしてお客様に伝えられるかが課題です。 お客様により良い製品を使用いただくため、日々の検証に取り組んでいます。


【開発に携わった商品は…?】

2017年11月に発売された「ビューティーコラーゲンドライヤー」です。日本では、働く女性の約9割以上が髪と頭皮に関する悩みを持っていて、その原因の1つとされるのが「加齢」による、髪と頭皮の衰えと言われています。

しかし、スキンケア・ボディケアに比べて、髪や頭皮のエイジングケアにアプローチしたドライヤーは殆どありませんでした。そこで私たちが髪と頭皮を健康に保つドライヤーを開発しようと考えたのです。様々な成分を比較し、私たちがたどり着いたのがビューティーコラーゲンでした。
コラーゲンを特殊な方法でコラーゲンボックスに封じ込め、そしてナノサイズミストが共にコラーゲンボックスを通ることで、コラーゲンが放出されるように設計しました。 髪はもちろんスキンモードもあり、ドライヤーで美肌ケアが出来ます。

キレイな髪、キレイな肌が自信になる、そんな商品を開発するため日々業務に取り組んでいます。

Back to all posts