search
JOURNAL

コンベクションオーブンの上手な使い方をマスターしようITEM

コンベクションオーブンの上手な使い方

コンベクションオーブンは1台あるだけで、レシピの幅がグッと広がる便利な調理家電です。
色々なレシピを楽しめる分、「使い方が難しそう」「どうやって活用したらいいの?」と悩む方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、コンベクションオーブンの基本的な使い方や使用時の注意点、おすすめレシピをご紹介していきます。

1.コンベクションオーブンって?

コンベクションオーブンとは、ヒーターで熱した空気をファンで循環させ、「対流(コンベクション)」を利用して食材を加熱する調理家電のことです。
熱風を循環させながら食材を加熱するため、均一に火が通り、焼きムラもできにくいといわれています。
また、熱風を利用することで食材の内側までしっかりと熱を通せるため、外はサクサク、中はふんわりとしたトーストやノンフライ料理など、さまざまなレシピに応用できる点が魅力です。

2.コンベクションオーブンの使い方

コンベクションオーブンは使いこなすのが難しそう…と思っている方もいるかもしれません。
実際にどのように使用するのかご紹介していきましょう。

コンベクションオーブンの基本的な使い方

コンベクションオーブンの基本的な使い方はとても簡単です。
コンベクションオーブンには庫内を熱するヒーターと、熱風を循環させるファンがついているため、まずは温度と風量を設定します。
そして焼き時間を決め、スタートボタンを押すだけです。
設定次第で焼き料理、蒸し料理、揚げ料理などが楽しめるため、料理初心者でも安心して調理を楽しめます。

多彩な機能を活かした使い方

コンベクションオーブンの多彩な機能

簡単に使えるとはいえ、ヒーターとファンの組み合わせによりさまざまな使い方ができるため、活用の幅がとても広いのが特徴です。
例えばテスコムの「低温コンベクションオーブン(TSF601)」では、低温・高温、ファンを回す・回さない、調理時間などの設定により1台で6役をこなすことができます。
・オーブン
・トースター
・ノンフライヤー
・フードドライヤー
・発酵食品メーカー
・低温調理器

【低温コンベクションオーブン(TSF601)の機能】

トースターオーブンノンフライヤー発酵食品メーカーフードドライヤー低温調理機

このようにコンベクションオーブンの中には多様な使い方ができるものもあり、
作りたい料理に合わせて機能を選べば楽しめる料理の幅がさらに広がるでしょう。

3.コンベクションオーブンを使う際の注意点

コンベクションオーブンを使用する際に気をつけておきたいポイントも確認しておきましょう。

本体が熱くなりやすい

コンベクションオーブンは熱風を使って一気に庫内を高温にします。
その性質から本体周辺の温度も上がりやすいため、コンベクションオーブンの周りにはあまり物を置かないようにしましょう。
取扱説明書をよく確認し、壁から適度なスペースをとって設置します。
小さなお子さんがいる家庭では、使用中に触らないよう、手の届かない位置に配置するなど工夫が必要です。

「温め」にはあまり向かない

コンベクションオーブンは製品ごとに多彩な調理機能がありますが、電子レンジと違って「温めにはあまり向かない」という側面があります。
電子レンジはマイクロ波を使って食材を内側から加熱しますが、コンベクションオーブンは外側からじっくりと熱風を使って加熱するのが特徴です。
食材を高温で外側から加熱する料理ならコンベクションオーブン、料理の温めを重視する場合は電子レンジ、といったように用途にあわせて調理機器を使い分けましょう。

4.コンベクションオーブンで作るおすすめレシピ

低温コンベクションオーブンTSF601

最後に、テスコムの「低温コンベクションオーブン(TSF601)」で作れるおすすめの料理を2つご紹介します。
コンベクションオーブンを手に入れたらぜひ挑戦してみてください。「低温コンベクションオーブンTSF601」
商品ページはこちら

Convection Oven Recipe

焼くだけでジューシー「簡単!チャーシュー」

低温コンベクションオーブンでつくる「簡単!チャーシュー」

1つ目にご紹介するのは、フライパンで焼いたあとにジップロックバッグ®を使って低温調理する「簡単!チャーシュー」です。

【材料(4人分)】

  1. 豚肩ブロック・・・350g
  2. 醤油・・・40ml
  3. みりん・・・20ml
  4. 酒・・・20ml

【作り方】

  1. ジップロックバッグ®にすべての材料を入れて冷蔵庫で7~8時間寝かす
  2. ジップロックバッグ®から豚肉を取り出し、フライパンで豚肩ブロックの表面に焼き色をつける
  3. ジップロックバッグ®の中に残ったソースはフライパンで煮詰めておく
  4. 焼き目をつけた豚肩ブロックをジップロックバッグ®に戻し、70度で2時間加熱する
  5. オーブンから取り出し、皿に切り分けた豚肩ブロックとソースを盛りつけて完成

火を通しすぎてパサパサになりがちなチャーシューも、
低温調理ができるテスコムの低温コンベクションオーブンならジューシーに仕上げることができます。

揚げ物も簡単に!「韓国風ヤンニョムチキン」

低温コンベクションオーブンでつくる「韓国風ヤンニョムチキン」

2つ目にご紹介するのは、コンベクション機能を使って調理する「韓国風ヤンニョムチキン」です。

【材料】

●唐揚げ
  1. 鶏もも肉・・・300g
  2. 片栗粉・・・大さじ3
  3. サラダ油・・・適量
  4. 白いりごま・・・適量
●タレ(A)
  1. コチュジャン・・・大さじ2
  2. ケチャップ・・・大さじ1
  3. しょうゆ・・・大さじ1
  4. みりん・・・大さじ1
  5. 砂糖・・・小さじ1
  6. すりおろしニンニク・・・小さじ1
●下味
  1. みりん・・・大さじ1
  2. 塩こしょう・・・少々

【作り方】

  1. 鶏もも肉を一口大に切って、下味に10分漬ける
  2. ビニール袋に下味をつけた鶏もも肉を入れ、片栗粉が全体につくようにまぶして揉む
  3. 天板にアルミ箔を引き、足つき網を載せ、2を並べ、スプーンでサラダ油を肉の表面にまんべんなくかける(オイルスプレーなどがある場合はそちらをお使い下さい。)
  4. オーブンに入れ、高温ファンあり230で23分加熱
  5. タレ(A)を混ぜ合わせる
  6. 5を耐熱容器に入れ、電子レンジ(500W)で1分加熱
  7. 6を絡め、お皿に盛り付ける
  8. 最後に白いりごまをふりかけ、完成

辛いのが苦手な方はお好みでコチュジャンの量を調節して下さい。
テスコムの低温コンベクションオーブンなら、鶏肉を少量の油でサクッと揚げることができます。
手軽にひと味違った一品を作れるレシピです。

他にも、テスコムのレシピサイトでは、『低温コンベクションオーブン(TSF601)』を使ったレシピが豊富に収録されております。
是非チェックしてみてください。

テスコムのレシピサイトテスコムのレシピサイトはこちらから

5.まとめ

コンベクションオーブンはヒーターで温めた熱風をファンで循環させて食材を加熱する調理家電のことです。
通常のオーブンよりも焼きムラが少なく、均一に熱を通すことができます。
使用の際に風量と温度を設定する必要がありますが、覚えてしまえば難しいことはありません。
ぜひコンベクションオーブンを活用して、料理のレパートリーを増やしてみてはいかがでしょうか。

Back to all posts